鹿児島での太陽光発電

by admin

近年、家庭や企業からの二酸化炭素などの温室効果ガスの排出による地球温暖化が問題となっています。
そこで、この温室効果ガスの排出量の規制が世界的に求められており、日本国内でも国や自治体が規制の動きに乗り出しています。
そして、温室効果ガスを発生させない発電方法として脚光を浴びているのが、太陽光発電です。
太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を発生させないため、温室効果ガス排出規制に適います。
また、太陽の熱エネルギーを電力に変えるため、石油などの地球の資源を使わず、とてもエコロジーな発電方法であるといえます。
ただ、住宅用や事業用の太陽光発電システムの設置に対しては、多額の費用がかかってしまいます。
そこで、各自治体が補助金制度を導入して、その設置費用の軽減をすることでシステムの普及を図っています。
鹿児島では、日本の南部にあり日照時間が長いことから、太陽光発電に効果を発揮します。
そこで、住民のシステム設置に対して補助金制度を導入して、その気象条件を活かせるように太陽光発電システムの設置を促進しています。