太陽光発電を鹿児島で導入し節電意識が高まる

by admin

鹿児島に住んでいる知人が言っていました。
高い買い物だったけど太陽光発電を導入して良かったというのです。
太陽光発電を導入すると、
発電モニターで今使っている消費電力が一目でわかるそうです。
そんな発電モニターをチェックするのは主婦ばかりかと思ったらそうではなく、
子供たちの方が発電モニターをよくみるのだといいます。
そして、いまこんなに電気を消費しているからコンセントを抜かなくちゃと、
子供たち自身から節電をするようになったそうです。
一家の主婦である知人の方が、
子供たちに教えられることが多いそうです。
子供たちが節電に努力している姿をみて、
一家で節電しようという気持ちになったといいます。
こんな意識の変化をもたらしてくれたのは、
太陽光発電のおかげだと言っていました。
太陽光発電というと省エネにいいと聞きますが、
それだけでなく暮らしている人の意識まで変えてしまうものなんですね。
節電に努力した結果、
多くの電力を売ることもできたそうです。