Archive for the ‘太陽光発電で節約’ Category

鹿児島で太陽光発電をしよう

今、日本全国で太陽光発電を導入する人が増えてきています。
あるハウスメーカーなどでは、新築の場合、それを導入する人が以前の何倍にもなっている程です。
勿論、新築だけでなく、既存の住宅であってもそれを利用する事が出来ます。
それくらい、現在その発電システムはかなり注目されているのです。
さて、太陽光発電ですが、ポイントとなるのはやはりどれくらい太陽が当たるか、という事です。
例えば、屋根の向きがどのようになっているか、これも大きなポイントとなります。
ちなみに、一番よく太陽光が当たるのは、南側の屋根で、その次が東と西側の屋根です。
勿論、その発電量は屋根の大きさによっても設置できるパネルの大きさが変わったりするのでどこの家によっても同じというわけにはいかないのですが、太陽光発電で満足できるかどうか、それは屋根の形状や向きにもかなり影響されると言えます。
さて、太陽光発電と言えば、太陽光が当たるところであればどこでも発電する事ができます。
ただ、雪が積もっている場合は、どれだけ太陽が出ていても、パネルに太陽光が当たらなければ発電しません。
その点から行くと、積雪量が多い所に比べれば、積雪が少ない地域の方がよく発電するといえるでしょう。
その点から行くと、鹿児島でそれを導入するのはメリットがあると言えます。
まず天候・気候の面です。
鹿児島は温暖な地域の為、一般的にはあまり雪が降りません。
勿論、季節風の影響などを受けて雪が降る地域もあるので絶対に降らないとは言えませんが、降っても雪国に比べるとかなり少ない量です。
また、年間の日照量も、鹿児島の場合は安定しています。
その為、一定量以上の発電量を期待しやすい地域と言えるのではないでしょうか。
勿論、パネルの性能として、高温になりすぎると発電量が低下してしまうという面があるので真夏はどうしても減ってしまう傾向ですが、それでもよく発電すると言えます。
かなりの発電が期待できるので、日照時間が短い地域に比べると、太陽光発電を導入する時の費用を予定よりも早く回収する事もできる可能性が高くなるでしょう。
従って、鹿児島でそれを導入するのはかなりメリットがあると言えます。